でのメモ

世界平和はママの笑顔にある!と信じ、 助産師フォトグラファーを始める。 2017年から 青年海外協力隊 助産師としてベナン共和国に派遣中。アフリカの子育ての良い所を日本に持ち帰るための活動を開始。 世界のなりたい職業ランキング一位に助産師を引き上げることも密かな目標。 これからの活動記録をメモ程度に残していきます。

――――――――――――――――――世界平和はママの笑顔にある!と信じ、助産師フォトグラファーを始める。―――――――――――――――――― 2017年から 青年海外協力隊 助産師としてベナン共和国に派遣中。 アフリカの子育ての良い所を日本に持ち帰るための活動を開始。 世界のなりたい職業ランキング一位に助産師を引き上げることも密かな目標。 これからの活動記録をメモ程度に残していきます。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

少し思ったので🌠

ベナンでの新生活が始まりました。

f:id:denodeno:20171113054922j:image

【通常運転のタクシー】

 

 

f:id:denodeno:20171113052953j:image 

【庭に生えているパパイヤさん】

 

ベナンに来てから早一か月。
今は何事もなかったかのようにココにいますが、

 

 

初めて
「アフリカに行く。」と父に伝えた時は、
「親子の縁を切る。」とまで言わせ、毎日ため息をつかせてました。

 

 

周りの反応も、
「すごいね~頑張って~!」と言ってくれる人もいれば、
「そんなとこ絶対やめたほうがいい、自分が親なら絶対に行かせない。」
という人も多く‥

 

 

行く前から
”どうして日本人はこんなに頭が固いんだ、脳みそ鎖国!偏見もちすぎ!”
と内心鬱々思っていました。

 

 

しかし、いざべナンに来てみると、
環境の違いや習慣の違いにびっくりさせられて、ビビる毎日。


水や食生活の衛生環境の違いから同期隊員がバタバタと倒れていく中で、
やっぱりアフリカは違う!こんな環境だから病気になるんだよ!

f:id:denodeno:20171113053232j:image

【ホームステイ先のトイレ件お風呂、写ってないけど、その近くには少し浅めの井戸】


こんな水どうして飲めるの!?何も思わないの!?
なんで頭であんなに重たくて運びづらいものはこんでんの?手で持てばいいじゃん!


みんなこんな昼間から横になってないで、今働けばもっと効率よく仕事できるのに、日本だったらこんなのありえない!

 


日本だったら・・・・!?

 

 

・・・実際生活してみて、


自分も脳みそ鎖国状態であることを痛感させられました・・・

 

もちろん、安全や健康管理は日本人に合ったセオリーを守ることも大切ですが、よくよく見てみると、必要最低限のことはしっかり理解しているし、(水はしっかり煮沸してろ過機を使ったものしか飲まない。赤ちゃん用の哺乳瓶は煮沸消毒。管理者の性格にもよるけど、保健センターでも整理整頓などはよくできている。)ただ日本と違うだけでどれも理にかなったものでもあり、(頭で重たいものを運ぶことに関して、はじめはなんで頭なの!?手で持てばいいじゃん!とか思ってたりしたけど、生活して、実際に体験してみるとコツをつかめば頭のほうがずっと楽だし、手よりも長距離+重たいものも運べる+足元が見えるため足場の悪い場所でも危なくないなどいろいろ効率がいい。それに腰の負担も少なくて、毎日が体幹トレーニングのよう。そのおかげかベナン人はおばあちゃんたちもみんな姿勢がいい!f:id:denodeno:20171113053724j:image

【通りすがりのおばあちゃん】

 

日本に帰ったら、頭で運ぶ体操を広めたいくらい。そして昼間寝てるもの体調管理の一つ。こっちの環境で日本人みたいに一日中働きっぱなしだと確実に倒れるし、今の日本の環境が逆に異常にも見える。おっちゃん曰く、夜に体力を残しておくのも、家族と、妻との時間があるから、とな。セクハラか 笑 )


子育てに関しても、むしろこっちのほうが本能的な育児ができているし人間としては正しい姿だな、としっくりくる。

日本で感じてた子育ての違和感を全部吹き飛ばしてくれるような感覚。

 

 

要は私もしっかり鎖国時代の日本人。偏見の塊でした。

 

 

そしてベナン人も同じく、日本人は基本みんなお金持ちだと思っており、お金をせびられたり求婚を迫られることも日常。

医療職種だと、日本人はみんな毎日マスクしてるんでしょ?ナーバスだねと言われたり。

(これは偏見でなく確かにその通りかも・・・)

 

 

もちろん、医療系の協力隊としてここに来ているからには、日本との違いを糧にして活動していくわけですが、日本がすべて正しいわけではない。

 

慣れてきたからこそ見えてくるものもあれば、慣れすぎてしまうと見えなくなってもくるんやろうな。

 

毎日気づいたことは整理して残していけるようにしたいと思います。

 

そして、私の本来の目的でもあるアフリカの子育てのいいところを日本に持って帰ること!もしっかり果たせるように動いていきたいと思います。

 

結局何が言いたいのかというと、
偏見に振り回されず本質に目を向けないとな!ということ。

 

何かしらの偏見はみんな持ってると思うのでそれに気づくこと。

 

自分にとって大切なことは人それぞれで、
何を大切にするのか知っていることのほうがよっぽど大切。

 

 

・・・メモメモ。

 

 

Tu as fait un peu?

 

での